融資を受けるメリットとデメリット

営業活動や設備投資など様々な用途に資金をつぎ込める

銀行などの金融機関に融資を受けて事業資金を調達する場合には、経営状態によるもののまとまった金額の借入ができるケースが多く、営業活動や設備投資など様々な用途に資金をつぎ込むことが可能です。金融機関によっては、将来性のある業種を扱う企業や、地域に密着した企業を対象に、審査や貸し付けなどの面で優遇しているところも少なくありません。そうした中、速やかに希望額の事業資金を工面するにあたっては、審査から借入までの流れがスピーディーなところや、様々な手段で融資の申込ができるところを借入先の候補に決めることがおすすめです。また、希望額の融資を受けるうえで、複数の金融機関の融資の窓口に足を運んで相談をしたり、借入から返済までのシミュレーションをしたりするのも良いでしょう。

業績の悪化に伴って負債が膨れ上がってしまうこともある

金融機関から融資を受けた後に業績が悪化した場合には、融資額にもよりますが当初予定していた期間よりも返済に時間が掛かって、瞬く間に負債が膨れ上がってしまうリスクがあります。また、高額な負債の滞納によって、融資を受ける際に担保に設定してあった不動産を失ってしまったり、取引先や顧客からの信用が落ちてしまったりすることもあります。こうした問題を回避するには、必要最小限の金額を借入するのはもちろんのこと、返済が滞りそうになった時にすぐに金融機関の担当者に返済期間の延長や借り換えなどの相談をすることが重要です。なお、事業を開始してからあまり年月が経っていない時に融資を受ける時は、金融機関の担当者にアドバイスを受けて、返済の遅れや滞納のリスクを測定することが肝心です。

起業資金を調達する方法は銀行を始めいくつかの選択肢が用意されていますが、場所によって返済の有無や金利が大きく異なります。資金調達を大阪で行う時は、返済の負担を考量することが大切です。