ファクタリング

借りられないときの資金調達方法

会社の経営がうまくいっていないときほど、金融機関から融資を受けるのは困難になります。金融機関は融資をして利息という手数料を得るのが目的ですから、返済能力が著しく低下している企業には融資をしてくれません。ノンバンクからも借入れできなければ、融資で事業資金を調達するのは困難ですが、そんな状況でも資金調達ができる可能性が高いのがファクタリングです。日本ではネットを通して普及し、ここ数年で急速に拡大しました。売掛金を早期現金化させるサービスであり、売掛債権を手数料を差し引いた金額でファクタリング会社から購入してもらうのです。売掛金の入金までにキャッシュフローの破綻が予測される場合に重宝し、数日程度で口座に入金されます。

ネットの普及で使いやすくなった

ファクタリングによる資金調達が一般的ではない時代は書類提出・面談を経てから調達を受ける方法が主流でしたが、現在はネット完結サービスが普及しています。30分程度で査定が完了する会社もあり、この時間はノンバンクローンと大差がありません。申込みから資金調達までの日数は数日かかるのが普通です。最短即日を売りにしている会社もありますが、審査に時間のかかる会社だと7~10日ほどかかるケースもあります。

ファクタリングの手数料を少しでも抑えたい場合は、売掛先を含めて合意契約をする三社間サービスがおすすめです。二社間だと売掛先に連絡不要で契約できますが、手数料は三社間の3倍程度になります。売掛先との関係性や取引状況なども考慮し、どちらのサービスにするか選んでください。

経営において恐ろしいのが資金ショートですが、ファクタリングを大阪で行うことによってそのリスクを回避する事が出来ます。